復興特別所得税の源泉徴収

復興特別所得税の源泉徴収のあらまし(平成25年以降の源泉徴収)所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得をする際、復興特別所得税を併せて徴収し、源泉所得税の法定納期限までに、その復興特別所得税を源泉所得税と併せて国に納付しなければならないこととされました。

(注)租税条約の規定により、所得税法及び租税特別措置法に規定する税率以下の限度税率が適用される場合には、復興特別所得税は課されません。

①  源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額
源泉徴収すべき復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税
の額の2.1%相当額とされており、復興特別所得税は、所得税の
源泉徴収の際に併せて源泉徴収することとされています。
実際には、次のとおり、源泉徴収の対象となる支払金額等に対し
て、所得税と復興特別所得税の合計税率を乗じて計算した金額を
徴収し、1枚の納付書で納付します。
(注)  給与等に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収につい
ては次の②により行います。

【源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額】
支払金額等  ×  合計税率(%)  =  源泉徴収すべき所得税及び復
興特別所得税の額
(注)  算出した所得税及び復興特別所得税の額に1円未満の端数があるときはその端数を切り捨てます。

上記合計税率の計算式
合計税率(%)  =  所得税率(%)  ×  102.1%

②給与等に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収
給与等については、平成25年分以後の源泉徴収税額表に基づき、
所得税と復興特別所得税の合計額を徴収し、1枚の納付書で納
付します。

③年末調整
給与等から源泉徴収する税額は、所得税と復興特別所得税の合
計額となっておりますので年末調整も所得税と復興特別所得税
の合計額で行います。