譲渡所得の確定申告と株式の譲渡所得

☆譲渡所得の確定申告
譲渡所得の確定申告は、基本的に、申告分離課税制度となっており、通常の確定申告とは切り離して申告することになります。
一般的な例としては、株式、持ち家などの売買が該当することになります。

☆株式の譲渡所得の計算方法
株式の売却金額-株式の取得金額という計算になります。
もし、上記算式により利益が出た場合には、所得税が課税され、損失がでた場合には一定の要件の下、繰り越すことができます。
*持ち家の計算方法も上記と同様となります。

☆上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除
過去の上場株式の譲渡損失を、一定の要件の下、今年の株式の譲渡で得た利益から引くことができるというものです。
・いつの譲渡損失かというと、昨年以前3年以内の損失となります。
・損失が生じた年に損失があったという確定申告をして、その後も確定申告をする必要があります。