ホーム > 税務Q&A

すべてのQ&A

Q.
(1) 特定同族会社株式等に係る相続時精算課税の特例が廃止されるそうですが、同特例はどういう制度ですか。
(2)特定同族会社株式等に係る相続時精算課税の特例の廃止に伴い、経過装置は設けられていますか。
Q.
(1)特定同族会社株式等に係る相続税の課税価額の特例は、小規模宅地特例との完全併用が認められていますか。 (2)相続税の納税猶予と小規模宅地特例との併用についてはどうなりますか。
Q.
(1)非上場株式等に係る相続税の納税猶予制度とは、どういう制度ですか。
(2)-1 課税価額の80%に対応する相続額の納税猶予と言うことですが、猶予税額はどのように計算するのですか。
(2)-2相続税の納税猶予が制度化される過程で、猶予税額が免除されるケ-スが明確になりましたが、どういうケ-スですか。
(2)-3 納付猶予が取り消された場合の猶予税額の納付はどうなりますか。利子税の計算方法についても教えてください。
Q.
(1)特定同族会社株式等に係る相続税の課税価格の特例が廃止されるそうですが、同特例はどういう制度ですか。
(2)相続税の課税価格特例の廃止に伴い、経過措置は設けられていますか。
Q.
(1)従来の間接外国税額控除制度に代わって、外国子会社配当益金不算入制度が導入されるそうですが、そもそも間接外国税額控除とは、どういう制度ですか。
(2)-1今回、導入される外国子会社配当益金不算入制度とは、どういう制度ですか。
(2)-2外国子会社配当の益金不算入制度と併せて、外国源泉税等の額の信金不算入制度が導入されるとのことですが、どういう制度ですか。
Q.
(1)期末棚卸資産の評価方法については、どのようになっていますが。
(2)期末棚卸資産の評価方法について、会計基準の変更に伴い、法人税法が見直されるとのことですが、どういうことですか。
Q.
(1)いわゆるエネ革税制とは、どのような制度ですか。
(2)エネ革設備の即時償却とは、どういう制度ですか。
(2)-2資源需給構造変化対応設備等の即時償却とは、どういう制度ですか。
(3)今回の改正により、実務上どのような影響がありますか。
Q.
(1)中小企業者等に対する軽減税率はどうなっていますか?
(2-1)軽減税率の改正点について教えてください。
(2-2)軽減税率引き下げの対象となる中小企業者等の範囲はどうなっていますか?
Q.
役員又は使用人の子弟に関する奨学金の支払は会社の費用として認めますか?
Q.
情報提供料が交際費にならないためには、どのように処理すべきですか?