採用方針と社内制度

所長からのメッセージ

所長の孫です。突然ですが、皆さんは税理士事務所の仕事をご存じですか。またどう思いますか。
税理士を例えていうと税法分野の弁護士と表現できます。法廷ではなく税務調査の現場で納税者の代理人として納税者の処理の正当性を主張していきます。

コンピュターが発達してパソコン用会計ソフトや税務申告書作成ソフトが安く手に入ると事務作業的な仕事が減少してゆき、かわりに調査研究的な仕事が増えていきました。
現在でも事務作業の部分は残っていますが、これだけで食べている税理士はもはや皆無です。
経済の仕組みが複雑化したり、国際化したりで税法も守備範囲が広がりました。
社会から期待される役割も決算、申告書の作成という後追いの仕事であったのが、事前の検討、計画の立案などの前向きの仕事になってきました。
これはとても大きな違いです。
起きてしまった事実を処理する仕事から、お客様と一緒に事実そのものを作りこんでいく仕事になりました。その分やるべき仕事も難しく、また責任も重大です。
このような仕事で活躍できる人を募集してます。

当社の採用基準、求める人物像は以下のとおりです。

1. 自分で考え、判断し、行動できる自立した人
2. 新しいことに意欲的にチャレンジする人
3. 相手の立場に立って物事を考えられる人

もちろん学校の成績や専門知識は高いに越したことはありませんが、長い目で見ると性格的な面がその後の成長に大きく左右されてきます。
「自分で考え、判断し、行動できる自立した人」とは自分が主体性を持って生きているか、一人の大人として社会人として生活できているかということ。
税務署の判断を追随しているだけなら税理士はいりません。
独立した立場で納税者に有利な主張ができるかどうかがその税理士の価値を決めます。
「新しいことに意欲的にチャレンジする人」とは税務もその範囲が広く、顧問先の要望も多岐にわたるため、新しい分野に挑むチャレンジ精神が必要です。
そして沢山チャレンジした人が沢山のノウハウを獲得することになるのはどの仕事も同じだと思います。
最後に「相手の立場に立って物事を考えられる人」ですが、会計事務所もお客様あってのサービス業です。
お客様との信頼関係を大切にし、お客様の立場で考えられる姿勢が顧問先の満足につながると思います。

実務プラス語学

私が国際税務に携わるようになったきっかけは韓国からの進出企業に関与するようになってからでした。
幼稚なレベルの韓国語しか話せませんでしたが本社の経理責任者と直接コミュニケーションを取れることを大変感謝されました。
感謝されることが刺激になり韓国語と国際税務の勉強をするようになりました。
しかし、言葉の壁の前で躊躇していたら、国際税務の仕事にかかわることはなかったと思います。
グローバル経済はますます進み、国際税務の重要性が増してくることでしょう。
その時に母国語プラス1か国語話せたら大きな力になります。

研修制度

我社のすべての社員は最低でも年間合計46時間の研修を受けなくてはなりません。
常に勉強していかなくては顧問先に対するサービスの品質を維持することができません。
その他にも希望する外部研修に積極的に参加させています。

採用活動について

応募から入社までの過程

1. 応募
2. 書類選考
3. 書類審査合格者に対し面接の連絡
4. 面接 同日に筆記試験
5. 採点
6. 採用内定通知
7. 入社までの準備
8. 入社

応募の際の提出書類

履歴書
職務経歴書(新卒者は不要)
成績証明書(最終学歴)
卒業(見込み)証明書
所持する資格の資格書または合格書のコピー

職場の先輩から一言

初めまして。孫税理士事務所の浅沼と申します。これから一緒に働く皆さんに事務所の紹介を兼ねてちょっとだけお話しさせて頂きます。
孫税理士事務所のお客様は、韓国企業を中心として、多国籍のお客様にご愛顧して頂いております。スタッフも外国籍と日本国籍が、半々くらい在籍しております。その為、一般的な日本の税理士事務所では、体験出来ない異文化交流も出来ます。
また、お客様も海外から進出してきたお客様が、多いので、特殊な税務処理も経験することが出来ます。あと、事務所の所員は、皆、仲良く、目標を持って仕事をしています。

浅沼 大蔵

初めまして。鄭 允晳と申します。私たちの事務所は一人ひとりが高い意識を持って仕事を行っております。また、日本の企業のみならず海外企業もたくさんいて他の事務所とは違う仕事経験ができる環境だと思います。
税理士事務所というと少し堅苦しいイメージがあるかも知れませんが、私たちの職場は明るく、アットホームな雰囲気なので働きやすいと思います。ともに成長していける方を歓迎します。

鄭 允晳